愛すべきギタリストYoutuber

   

6ZYX4YY4IR

Twitterでも書いたんですが文字数やTweetがバラけてしまうのでブログにまとめてみようと思います。

いや、本当にミュージシャンってのは同じ人種で愛すべき人達なんだなってすごく思いました。


スポンサーリンク

ネット上にギターレッスンのコンテンツを

僕はそれこそYouTubeが始まる前からギターレッスン系のコンテンツをネット上に作ってきました。

俗に言うホームページってやつですね。笑

その当時は本当にネットの回線やPCのスペックの問題で動画なんて夢の話で、音源を聴かせるだけでも結構苦労しました。

僕は独学ながらhtmlやちょっとJavaScriptなんかも勉強し、こだわったホームページを作っていました。

なので、ちょっとした人気サイトになったりした時期もあったんですよ。

そしてPeerCastという見るのにも配信するにも割と知識がいる生配信のプラットフォームにも参加したりして、初めてネット上で音楽の友達を作る楽しみを知ったりしました。

今は、SNSで簡単に出来るんですけどね。

YouTubeとの出会い

YouTubeというものが少し世の中に出始めたとき、僕はこれでホームページ内に動画を埋め込み、そこでレッスンができると歓喜しました。

今でこそYouTube内だけでチャンネル登録者を増やし人気を得ることができますが、当時はそんな仕組みもなく動画の置き場として使っていました。

2012年あたりからYouTubeというものも認知され始め、僕もその流れに乗り顔出しでYouTube内でしっかりチャンネル登録数を増やすという方向にシフトしていきました。

ここから2〜3年位の間でいわゆるYoutuberと言った言葉が生まれたと記憶しています。

どんどん後発ギタリストに追い抜かれていく

今やテレビではなくYouTubeを積極的に見るという時代になり、また誰でも容易に動画投稿できる環境がそろいました。

一気に才能のある人がどんどん出てきます。

そうするといくら先に始めてたとはいえ、どんどん数字的なものは後発のギタリストYoutuberに追い抜かれていくんですよね。

ここで僕は変なプライドを持ってしまいました。

この人達はオンラインでもオフラインでも絡まないでおこうと。

数字は必ずしも内容の良さではない

僕はギターレッスン系のYouTubeを結構見ています。

その中でも一般的にあまり語られてない内容やわかりやすい解説の方が必ずしも色んな数字が伸びているのかというそうでもないんですよね。

だから、追い抜かれていくことに引け目を感じることはないんだと思いました。

変なプライドが消えた瞬間です。

そこからTwitter上でチャンネル登録者数とか関係なく片っ端からギタリストYoutuberをフォローしていきました。

タイムラインが面白い

嬉しいことに多くの方がフォローバックしてくれました。

それまではいわゆるTwitter上で人気のあるビジネス系のインフルエンサーをフォローしていたんですがなかなか絡むきっかけがないんですよね。

でも、ギタリストYoutuberをフォローすることでタイムラインが音楽やギターの話で埋め尽くされる訳です。

リプライも送りやすい送りやすい。

本当にTwitterってこうやって楽しむものなんだなーって思っています。

最後に

僕は主にオンラインやオフラインのギターレッスンや演奏で生計を立てています。

今まで会社員とかやったりしたことありますが、全然自分の気質と合わなかったです。

なので僕は結局そういう音楽のフィールドでしか生きていけないんだと思います。

それがギタリストYoutuberをフォローすることによってさらに世界がひらけた気がしています。

変なプライドを捨ててよかった!!

なので、皆さん仲良くしてください。笑



無料メルマガ講座はじめました!!

音楽力を上げる 頭脳 と 音感 育成講座
新しく無料メルマガ講座はじめました。
メルマガ登録して頂いた方に電子書籍「明日から使えるギタリストのための音楽理論 基礎編」をプレゼント。
ブログには書けないコアな情報を配信しています。

スポンサーリンク

 - 考えること