ギターを家にこもって練習ばかりしているとだんだん行き詰まって来ませんか?

   

5GPP7A6LVW

ってなタイトルを付けましたがもちろん家にこもって練習することも大事です。

今の学生さん達はバンド組んだりする機会もあるし、ライブの場も開けています。

でも、大人になってからギターを始めた人は自分で弾いて楽しむって人が多い印象です。

今回は外に出てギターを弾こうって話です。


スポンサーリンク

僕はレッスンからライブへ

楽器屋で教えているレッスンの方ではしっかりした発表会があります。

もちろんそれはそれで習っている人同士の横のつながりが出来てよいイベントになります。

でも、僕が個人で教えている人はある程度になると発表会ではなくライブを紹介するようにしてます。

個人のレッスンだとバンドを組ませてあげにくいってのもありますが、実際のライブ得るものは大きいと思います。

周りの出演者は本格的に音楽で活動している人ばかりです。

一日のリハ、ライブから打ち上げを通してそんな人達と仲良くなれば、音楽面でも仲間づくりって面でもプラスになることが多いでしょう。

始めの人前は必ず失敗する

レッスンでも「じゃあ前回やったのを弾いてみましょうか!」で弾いてもらっても「こんなはずじゃない、家ではもっと弾けてるんですよ」って人が多いです。

僕一人がオーディエンスの状態でもみんなそうなりがちなんだから、ライブをやれば必ず色んな失敗をします。

大事なのは家でやってる分には上手くいってるけどって所です。

失敗をすることで「あぁ〜私はこれが苦手なんだ」と確認することができます。

だから練習はその部分をなんで失敗したんだろうと原因を考えながら試行錯誤できます。

この行程がギターを弾く上ですごく大事なんですよね。

公の場に出ることで良くも悪くも評価される

だんだんいい歳になってくると親身になって注意してもらえる機会がどんどん少なくなってきます。

でも、ライブに出ることでなんとなくのお客さんの雰囲気で自分はイケてたのかどうかがわかります。

突き詰めればすごくシビアな世界ですが、ここで良い反応をもらうにはどうすればいいか考えることでギターの腕はどんどん上がっていきます。

僕も周りをみれば歳下のミュージシャンばかりのコミュニティーに浸かっていて、これではダメになると思い、歳上の人がたくさんいるジャズの世界に飛び込みました。

そこでは今までになかった注意を色々してもらえるんですよね。それがすごく新鮮で気持ちよかったです。

とりあえず、そういう場に身を置こうと思ったらセッションなんかがおすすめですね。

高知でもジャズだけでないセッションの場もたくさんあります。

さいごに

もちろん、家で一人でギターを弾いているのがたまらなく楽しいという人はそれでも良いと思います。

でも、少しだけでも自分でない他者に音楽を届けようと思ったら外に出るのが手っ取り早いでしょう。

スポンサーリンク

 - 音楽のこと