【アドリブ】マイナーペンタに魔法をかける3つの音【ブルース】

   

UJVNFU3GE4  1

ブルースのアドリブといえばマイナーペンタを思い浮かべる人も多いかと思います。

今まさにそれで練習してるけどカッコいいフレーズが弾けない方はこの記事、必見です。

今回はイケてるギタリストはみんな弾いてるマイナーペンタに魔法かける3つの音を紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

今鳴っているコードを把握しよう

とりあえずマイナーペンタだけでブルースの練習をしてる人ってコードのことを考えていない人が多いです。

もちろん、もともとセンスが良くコードのことを考えなくてもそれに合ったマイナーペンタで弾ける人もいます。

そういう人も、そうでない人もまずは今鳴っているコードをしっかり把握することから始めましょう。

やりやすい方法としては紙にブルースのコード進行を書いておき、それを目で追っていく作戦です。

これで今鳴っているコードは把握できると思います。

ブルースのコードトーンをフォローできない?

ではKey=Cのブルースでマイナーペンタ音を確認しておきましょう。

マイナーペンタ

下から順番に見ていくと、ド、ミ♭、ファ、ソ、シ♭です。

次にコードで使われている音を見ていきましょう。

C7 ド、ミ、ソ、シ♭
F7 ファ、ラ、ド、ミ♭
G7 ソ、シ、レ、ファ

ちょっと難しいコード用語ですが、Root、M3rd、5th、m7thの順に書きました。

ここで注目したいのがM3rdの音です。

この音はジャズの練習なんかでも重要になる音でその音一つでコードのサウンドを表現できると行っても過言ではありません。

しかし、その重要な音がマイナーペンタにはまったく含まれていないんですよね。

なので今回はマイナーペンタに各コードのM3rdを足した形を覚えていきましょう!!

C7の場合

C7の構成音はド、ミ、ソ、シ♭になりM3rdの音はミになります。

それを足したのがこちら。

マイナーペンタミ

半音下のマイナーペンタからハンマリングやスライドで装飾してやるとブルージーな雰囲気が出て良いです。

F7の場合

F7の構成音はファ、ラ、ド、ミ♭になりM3rdの音はラになります。

それを足したのがこちら。

マイナーペンタラ

これはC7→F7という進行の部分でシ♭→ラとフレーズを作ってあげるとコードのサウンドがくっきり出ます。

G7の場合

G7の構成音はソ、シ、レ、ファになりM3rdの音はシになります。

それを足したのがこちら。

マイナーペンタシ

これもC7のときと同じくシ♭からシにハンマリングやスライドでアプローチするとカッコいいフレーズになります。

さいごに

まずはブルースのバッキング・トラックなんかを鳴らしながらこのM3rdの音たちを弾いてみるだけでも新たな発見があるかと思います。

それからじっくり、今までのマイナーペンタに混ぜてあげてください。

またこれらを使った実際のフレーズなんかは動画で説明していますのでそちらも是非ご覧ください!!

スポンサーリンク

 - アドリブソロ