【入門】1音から始めるブルースアドリブソロ【簡単】

   

Q6VS1V3ZS6

しばらくこのブログもお休みしていましたがまた徐々に更新していきたいと思います。

さて、今回解説していくのはブルースアドリブソロです。

これには色んな始め方があり、自分にあってないやり方をしてしまうとすぐに挫折してしまいます。

僕もYouTubeの動画なんかで色々紹介していますが、今のところリアルなレッスンなんかでも上手く行っているのがこの「1音から始めるブルースアドリブソロ」です。

もし、ブルースアドリブソロに挑戦したけど上手く行かなかったり、挫折した人が参考になれば嬉しいです。


スポンサーリンク

Cのブルースでやります

ぶっちゃけ、キーは何でもいいのですがなんとなくわかりやすいキーCで僕はやることが多いです。

それではまずキーCのブルースのコード進行を確認しておきましょう。

|C7 |F7 |C7 |C7 |
|F7 |F7 |C7 |C7 |
|G7 |F7 |C7 |G7 |

になります。

とりあえずずっと弾ける音

このコード進行の中でとりあえずずっと弾ける音があります。

それはドの音です。

ブログタブ譜

キーCでドの音なのでRootと表記します。

とりあえずのドの音をCブルースのバッキング・トラックに合わせて満足するまで弾いてみてください。

リズムのパターンと強弱しかバリエーションの付け方がないと思うので飽きてくるでしょう。

そこが狙い目です。

次の音はm3rd

それでは次はm3rdの音を足してみてください。

ブログタブ譜  1

2音になることでだいぶ息苦しさが取れてくると思います。

ここからはしっかりそれぞれの音が頭の中で鳴ってから弾くようにしてください。

次はm7th

次の音はm7thになります。

ブログタブ譜  2

この辺りからややフレーズ的なものが弾けるようになるかと思います。

次は11th

次の音は11thになります。

これだけだとフレーズを作るのが難しいと思うので一気に5thの音も加えていいかもしれません。

ブログタブ譜  3

この辺りの音を使い始めると、ちょっと知っている方ならチョーキングなんかを使いたくなると思いますがちょっと我慢して弾いてみてください。

さいごにオクターブ下の5thで完成

この「1音から始めるブルースアドリブソロ」の最後はオクターブ下の5thで終わりにします。

ブログタブ譜  4

この5thを基準にした1オクターブで各音をしっかり理解し弾けるようになっていれば一気に6弦から1弦までのペンタトニックで弾いても良いかとおもいます。

さいごに

このステップを上がっていく上で注意してほしいのが音をひとつひとつ覚えていくということです。

「もうこの音数は飽きた!!」というまで弾き込んでください。

そうすることによってペンタトニックのサウンドがあなたのものになりますし、そこから自由なアドリブも生まれてくると思います。

YouTube動画でも別角度から解説していますので実際の音を聴きながら、合わせて弾いてみたりしてみてください。

スポンサーリンク

 - アドリブソロ