ジャズですらすらアドリブソロを弾くためのコードトーン練習方法

      2016/12/22

IYSM6FYCM0  1

ジャズを弾き始めてからソロの練習をする時にコードトーン練習をするようになりました。

これがすごく僕には効果があって、コードを聴いただけで頭にソロのラインが浮かぶんですよね。

もちろんコードトーン練習をするに前はロックやブルースなんかのフレーズを耳コピしてました。

それも相まってだと思うのですがジャズであろうとロック、ポップスであろうと急にソロをふられても困らなくなり、すごく助かっています。

今回はそんな僕がやってきたコードトーンの練習方法を紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

Dm7→G7→CM7のコードトーンを弾いていく

コード進行は、
|Dm7|G7 |CM7 |CM7 |
の4小節を使います。

練習にはオケがあった方が良いので、ルーパーなんかに録音してもいいし僕はiReal ProというiPhone、iPadのアプリを使っています。

iReal Pro - 楽譜とプレイアロング

1,600円
(2016.03.22時点)
posted with ポチレバ

オケのリズムはなんでもいいですがジャズの4ビートが雰囲気が出てやる気も出るのでおすすめします。

テンポはそんなに早くする必要はありません。

では、オケに合わせてコードトーンを弾いてみましょう。

まずはDm7から

Dm7はレ、ファ、ラ、ドというコードトーンになっています。

まずは5フレットから8フレットの間にあるレ、ファ、ラ、ドに位置を確認してください。

上から下からパラパラと弾いて指に覚えさせましょう。

で、オケに合わせて弾くのですがDm7の所はレ、ファ、ラ、ドを好きなリズムで弾いてみましょう。

出来たら終わりの音がドになると理想的です。

次のG7ではシ→ファの順番で弾きます。リズムは2分音符くらいのゆったりした感じでやってみてください。

Dm7をドで終わると理想的だと言った訳はG7をシから始めるからです。

そして最後のCM7はミで着地するようなイメージ弾きます。

ここではG7とCM7は弾くことが決まっているので、とにかくDm7のコードトーンの弾くパターンを色々と試してみましょう。

次にG7のコードトーン

Dm7がだいぶ自由に弾けてきたらG7のコードトーンを弾いていきます。

G7はソ、シ、レ、ファです。

今度は3フレットから6フレットまでの間にあるソ、シ、レ、ファを探してみてください。

では先ほどのシ→ファのルールは外してG7の所でも自由にコードトーンを弾いてみましょう。

ただ、CM7にはかならずミで落ち着くようなフレージングを考えましょう。

G7の最後の音をファにするとCM7でミに進みやすいと思います。

さいごに

いかがだったでしょうか。

コードトーンはこんな感じで練習していくと効果があります。

余裕があるかたはCM7をコードトーンのド、ミ、ソ、シで弾いてみてもいいでしょう。

さらに応用バージョンとしてコード進行を
|Dm7|G7 |CM7 |A7 |
なんかにするとそのままジャズのスタンダードで使えるフレーズが作れたりします。

あとはオルタードテンションなんかを加えていったりするのも面白いですね。

それはまたの機会に。

別の角度から動画でも解説していますのでよかったら参考にしてみてください。


https://youtu.be/RqdCbp9xh6g?list=PLPRyvbWHQ0Pl8iovrWhT2lugUbt12UP10

スポンサーリンク

 - 音楽のこと