ギターをするとモテるのか、モテないのか?

      2016/08/23

F3FH5XYZY0

だいたい男の子は年頃になるとギターに興味を持つ人がちょこちょこ出てきます。

最近では軽音部が充実してるのでその影響でギター人口も増えてるんじゃないでしょうか?

今回はギターとモテるということを書いて行きたいと思います。


スポンサーリンク

モテるためのギターは動機が不純?

健康的な男子の標準的な欲求としてモテたいというのはあると思います。

そのアイテムとしてギターを始める人も多いのではないでしょうか?

よくそういう動機ではじめるのは不純だ!と言う人もよくいます。

でも、僕はむしろ純粋な動機だと思うんですよね。健全でしょう!

ギターってそんな動機で始めてもいい楽器だと思うのです。

そういう人、数としても結構多そうです。

実際にはモテるのか?

僕もモテたいという動機でギターを始めて早くも20年近く経ちました。

その過程でモテたかどうか振り返ってみるとイエスでありノーでもあります。

まずギターを始めたてで数曲弾ける期間。

初ライブを経験するのもこれくらいの時期だと思うのですがまずモテません。

この段階でモテるのは普通にイケメンの人とかでしょう。

僕は全然モテませんでした。

ギターでモテ始めたときは?

それでも辞めないで弾き続けていると、もはやモテるためにギターを始めたことを忘れてギターを弾く方が楽しくなってくる時期が訪れます。

そこでグイグイーっと上手くなり、ライブなんかでも自分の表現を音楽を通して出せるようになってきます。

なんとなく、その辺りでモテますね。

というかモテました。

モテることを忘れた頃にモテるようになるというなんとも皮肉な話。

あとそれくらいのレベルになってくると音楽の知り合いもたくさん増えます。

なので必然的に出会いも多くなってくるんですよね。

重要なキーワード「一生懸命」

最近、ピアノで弾き語りを始めました。

ライブも何回かしたんですが、当然慣れない楽器なので緊張するし、間違いそうになるし、とにかく一生懸命やったんですよ。

そしたら周りからの声は逆にすごく新鮮で良かったという声をたくさんもらいました。

僕も人のライブ見てて、自分の音楽を一生懸命に表現しようとしてると好感が持てます。

女子にしたらそういう普段とは違うシチュエーションで一生懸命な姿を見たらキュンとくるのかもしれませんね。

でも多分これ、モテようと思って演じた一生懸命さではダメな気がします。

やっぱりモテるを一回忘れないと。

さいごに

結論を言うとギターでモテようと思ったらだいぶ長期的な目線で見ないと行けないです。

尚且つ、ある程度音楽レベルも高くならないとモテない気がします。

いや〜道は険しい!!

ギターでモテたいと思って始める人は是非とも今回の記事を参考に頑張ってみて下さい。

そんなことしなくてもモテるイケメンがうらやましい!!!

スポンサーリンク

 - 考えること, 音楽のこと