ランニング初心者が走るために揃えた6個のおすすめアイテム

      2016/10/05

BVJ82E1ILO

前の記事(ソシャゲは嫌いだけどポケモンGOはハマってしまうその理由)にも書きましたが最近の生活で僕は歩くということをまったくしていませんでした。

それがポケモンGOをはじめて歩くようになり、次第に筋肉も着いてきて歩いたり走ったりすること自体が楽しくなってきました。

今はポケモンGOはお休みで毎日ウォーキング、ランニングに専念しています。

なんて健康的な生活なんだ!!

今回はこの一週間で集めたウォーキング、ランニングをするための6個のアイテムを紹介します。


スポンサーリンク

ランニングシューズ

我が家にはルームランナーがあるのですがそれ用に昔買ってた超安いシューズがあります。

とりあえずはそれで走っていたのですが踵の部分がえらくすり減っていて、足に負担をかけていたので新しいのをAmazonで物色。

で、これを買いました。

お値段もリーズナブルで履き心地もよいです。

Amazonのレビューに書いてある通りサイズが小さめなのでいつもよりワンサイズ上を買ったらぴったりでした。

トレーニングウェア

走り始めた時はTシャツに短パンで走ってましたが「カッコ悪いかなー」なんて思いトレーニングウェアも新調。

普通のTシャツにくらべ吸汗速乾性が全然違うので快適に走れます。

走り終わった後も洗濯機にかけて干しとけばほんとすぐに乾きます。

それがこれです。

あと2着くらい欲しいな〜。

iPhoneアプリ

僕は10年くらい前にも少しだけランニングしてたんですがその時にはiPhoneってなかったんですよね。

今は良いアプリたくさんあります。

僕が今使っているのはこの2つ。

Nike+ Running

無料
(2016.08.06時点)
posted with ポチレバ

それぞれのメリット、デメリットを書いていきます。

ナイキの方は完全に無料で何キロ、何分走ったとか、平均ペースをアナウンスしてくれます。

デメリットとしては後からパソコンのサイトでもデータを見れるのですが何故かマイル表示が直せないというバグがあります。

アプリの方ではKmで表示されるのに残念です。

Runtasticの方は上で紹介してるのは無料版で別途有料のPro版が存在しています。

Pro版では立ち止まったら計測停止や何キロ、何分走ったとか、平均ペースの音声アナウンスがあります。

アプリとしては本格的に使おうと思ったら無料版では厳しいかもしれませんというがデメリット。

ちなみに僕はPro版を使っています。

メリットはパソコンのサイトのデータ量が豊富なところですね。

今はまだ様子を見ている段階なので両方のアプリを起動して音声アナウンスはナイキの方を切ってRuntasticの方を使うようにしています。

リストバンド活動量計

これを買いました。

かなり安いお値段でそこそこ使えます。

基本的には歩数をカウントして欲しくて買いましたが、さらに便利なことにiPhoneのメッセージやツイッター、Facebook、LINEなんかの通知をしてくれます。

走りながらはそんなにiPhoneを見れないので重宝しています。

歩数といえばiPhoneはデフォルトで測ってくれてるって知ってました?

ヘルスケアっていう標準のアプリなんですが、

IMG 1747

ずっと測ってくれてたんですよね。すげー!

こういうのを気にし出すとがぜんAppleWatchが欲しくなりますね。

Bluetoothイヤホン

ウォーキング、ランニング中はアプリからの音声アナウンスを聞くのと音楽も聞いているのでこれはかかせません。

ケーブルがないのはやっぱり快適です。

耳のところのボタン操作で曲送り、音量、再生ストップが出来ます。

まだ使ったことはないですが通話も出来るみたいですよ。

ウエストポーチ

ウォーキング、ランニングするときは飲み物を買うために小銭もいるし、iPhoneも持っていかなければなりません。

最初に僕は腕につけるタイプのアームバンドを買ったのですが、途中で全くiPhoneが操作出来ないのでウエストポーチに変えました。

小銭も入るし、ドリンクを買ってもホルダーに入れられるし便利に使ってます。

さいごに

いかがだったでしょうか?

これだけ揃えれば結構快適にウォーキング、ランニングが出来ます。

あとお昼に走る時なんかは日焼け止めなんかも塗っといた方がいいかもしれません。

徐々に距離が伸びたり、平均速度が早くなったりするのが今、楽しくてしょうがないです。

昔は走ったらそれっきりでしたがデータが残るって面白いですね。

スポンサーリンク

 - ヘルスケア