曲の最後で弾くと一気に雰囲気が良くなるコード5選

      2017/05/19

NewImage

よくアマチュアミュージシャンのライブを見てると「終わりのコード凝ってないなー」って人、結構多いです。

普通にCで始まりCで終わってる人がほとんど。

実はこれ、曲を良く聴かすという部分で損してるんですよね。

最後のコードをちょっとだけテンションノートで盛ると一気にそこまでの曲のストーリーが美しくなります。

では今回は曲の最後で使うと雰囲気がよくなるコードを5つ紹介していきたいと思います。

コードのルートはすべてCにしていますので自分の曲に使いたい場合はキーを合わせて使ってみてください。


スポンサーリンク

素朴な曲調にも良く合うコード

Cadd9

このコードはド、ミ、ソというトライアドに9thのレをadd(加える)したものです。

本来、9thのテンションを足す場合は7thの音も入れないと行けないのですがこのコードは入っていません。

なので、曲調も7th系のコードがあまり出てこない曲にも、とてもマッチします。

あと、この押さえ方の場合メジャーマイナーを判別する3rdの音がカットされギターならではの響きになっています。

ビートルズ風味を出したい場合は

C6

1弦までセーハしなければ普通のCコードなのですがこのコードは全部押さえちゃいます。

おそらくギターでこのコードの押さえ方を見つけた人は勢いで押さえちゃって偶然に見つかった感じなんでしょうね。

初期のビートルズの最後のコードのイメージは僕の中でこれです。

メジャーのロッケンロール感が出ると思います。

ブルージーなテイストが出る

C9

このコードに含まれているm7th、シ♭の音はドレミファソラシに含まれていない音です。

なので曲の雰囲気に合うようによく考えて使わないとちょっと外れた感じが出るかもしれません。

ブルースなんかではエンディングだけでなく普通に曲中のバッキングなんかでも使われるコードです。

曲調がブルージーな場合はこのコードがより雰囲気を盛り上げてくれると思います。

ボサノバ感が出るホンワカコード

C69

ビートルズ風味が出る6thの音へさらにプラスして9thを加えたコードです。

6thのイメージはどことなく牧歌的というかホンワカしてます。

そこに9thという透明感のあるテンションが加わることで一気に洗練された雰囲気に。

このコードはボサノバなどでよく使われることが多いです。

わりとどんな曲調にも合うのではないでしょうか。

やり過ぎ感まんさいなコード

C11

先ほどのC6(9)に#11thというテンションを足したコードです。

#11thというテンションは浮遊感漂う雰囲気がします。

もはや普通の曲だったら合わないかもしれません。

ジャズっぽい曲とかならいいかもしれませんね。

さいごに

いかがだったでしょうか?

もちろんまだまだ色んなテンションを使った面白い最後のコードはありますがとりあえずこの5つを覚えておけば大丈夫でしょう。

YouTube動画もありますので響きを確認してみたい方は是非ともご覧下さい。

YouTubeのチャンネル登録もお願いします!

スポンサーリンク

 - 音楽のこと