試奏なんかで使える上手く弾ける人っぽいフレーズ集

   

UIT62UUU5X

ギターをはじめて簡単な曲や決まったストロークパターンの弾き語りなんかが出来るようになるとワンステップ上のことが弾きたくなります。

友達とかに「なんか弾いて」って言われた時に弾ける人っぽい感じのやつを持っておきたくありませんか?

今回はそんなフレーズをいくつか紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

速いボサノバ風フレーズ

いきなりちょっと難しいフレーズです。

ふだんから指で弾き慣れていないとパッと弾けないかもしれません。

動画でも使っているようにガットギターで弾くとより雰囲気が出て良いかと思います。

NewImage

一人で弾けるブルース風フレーズ

次のは少し難易度は低くなるかと思います。

ブルースの12小節をソロとバッキング交互に弾いていきます。

スライドや音の長さなど細かいところも気にしながらコピーしてみてください。

タブ譜は動画内で紹介しています。

ファンク風カッティングフレーズ

ある程度ギターが弾けるようになるとカッティングって憧れますよね。

ここで紹介するフレーズはカッティングでは定番のナインスコードを使ったものです。

色々なテクニックを盛り込んでいるので覚えておくと実践でも使えるかと思います。

是非とも挑戦してみてください。

NewImage

オシャレなコードをただ羅列するフレーズ

これはフレーズと言っていいのかあやしいところです。

ただひたすらオシャレなコードを羅列しています。もちろん適当ではなくちゃんとしたルールにそってますが。

他のフレーズと比べてコードをそれっぽく弾いていくだけなので押さえ方さえ覚えればすぐに弾けるかと思います。

コードの押さえ方は動画の中で。

ジャズ風ウォーキングベースフレーズ

これまた弾けたらかなりカッコいいフレーズです。

ジャズの4ビートベースラインに乗せて合間でコードを弾いています。

こんなのがサラッと弾けたら試奏とかで「おおっスゲー」ってなるかと思います。

コード進行はジャズの定番のブルース進行を弾いています。

難しいと思いますがチャレンジしてみてください。

NewImage

一人でベースまで弾いちゃうスモーク・オン・ザ・ウォーター風フレーズ

これはもはやネタフレーズですが弾けると楽しいです。

親指でベースを弾き、人差し指、中指でリフの部分を弾いていきます。

最初はベースとリフのタイミングを合わせるのが難しいかと思いますがゆっくり練習してみてください。

これもサラッと弾けるとカッコいいですよね。

さいごに

いかがだったでしょうか?

時間がある時に気に入ったものから練習してみてください。

また、この他にもYouTubeに「試奏で使えるフレーズ」という括りで再生リストを作っていますので興味を持たれた人は他のフレーズもご覧下さい。

楽しいギターライフを!!


https://www.youtube.com/playlist?list=PLPRyvbWHQ0PnXONyksDKd5fVKV986YVtq

スポンサーリンク

 - 音楽のこと