ピッキングでお悩みの方は指先も使うようにすると上手くいくかもしれない

   

AB2IHUB9ZC

ギターを教えてて結構ナイーブな部分がピッキングです。

不器用そうな左手でコードとか押さえて、器用な右手でピッキングするのはそれだけギターを弾く上でピッキングが大事だからです。

そしてここでは思いっきり個性が出ます。

それを僕の主観だけで矯正するのは勇気がいるんですよね。

例えばパット・メセニーというギタリストがいます。彼のピッキングフォームは正直変です。

同じようなピッキングをする人が僕のレッスンに来たら、もうちょっと普通の形に強制してしまうかもしれません。

でも、あのピッキングフォームあるからあの音色、あの演奏になる訳なんですよね。

そんなピッキングのことについて今回は書いて行きたいと思います。

一応、パット・メセニーのYouTube貼っときますね。


スポンサーリンク

ピッキングの時、稼働する部分

おそらくほとんどの人がなんとくピッキングをしてると思いますが、人間の構造から考えると3つのポイントでピッキングの動きが生まれています。

・腕

コードストロークやカッティングなど複数の弦をピッキングするときに軸となります。

・手首

これは幅広くカッティングでも動くし、単音のフレーズでも軸となることがあります。

・指先

単音で早く弾いたりする時に動きます。今回、この記事でお話したいのはこの部分です。

いかがでしょうか、言われてみると思い当たるフシがあるのではないでしょうか。

僕はギターを演奏する際、この3つのポイントを上手く使い分けることが出来ればスムーズにピッキングが出来ると思っています。

ほとんどの人が指先のピッキングができない

僕がギターレッスンをしてて先天的に指先でピッキングができる人は100人中1人です。

ほとんどの人が腕、手首だけでピッキングをしてしまいます。

なので単音の少し速いフレーズなんかも手首の動きだけで弾く人がほとんどなんですよね。

実はこれすごく効率が悪いです。

なぜかというとピッキングという弦にピックを当てる行為と弦の移動をすべて手首に委ねることになるからです。

それだと当然、無駄な動きや力みが出てしまいある程度以上の速いフレーズが弾けなくなってしまいます。

ここ有効活用したいのが指先です。

厳密にいうとピックを持っている親指と人差し指を動かしてピッキングします。

これで弦にピックを当てる動作をしてしまえば、手首は弦移動だけに専念できます。

するとすごくリラックスしてピッキングが出来る訳ですよね。

弦移動が多くなるアルペジオのフレーズなんかでも顕著に弾きやすさが変わります。

まずはピックを持っている親指と人差し指をクネクネと動かしてみてください。

それでいい音が出るまで一本の弦をダウンアップで弾いていくとコツはつかめるでしょう。

さいごに

最初にも書きましたがピッキングは本当に個性が出ます。

もしかしたら今回紹介した指先でのピッキングが向かない人もいるでしょう。

そういう人は無理せずに自分のピッキングフォームを見つけてください。

スポンサーリンク

 - 音楽のこと