ジャズのアドリブを弾けないと言う人は歌を歌うといいかもしれない

   

Bass 656727 640

アドリブって難しいですよね。

でも、これが出来るようになるとセッションなんかで遊べるようになったりと一気に音楽の活動の幅が広がります。

なのでアドリブは是非とも習得しておきたいものなんですよね。

今回は僕がジャズのアドリブを弾けるようになった過程を紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

なかなか形にならなかったジャズのアドリブ

基本的に僕はロック系のギターを弾く人でした。

なのでアドリブもペンタ一発です。

それはそれで楽しいのですがやはりジャズって音楽には憧れがあって何度も挑戦してきました。

でも、なぜか上手く形にならなかったんですよね。

「俺にはジャズは無理なんかなー」って諦めムードも。

そこそこ理論的なことはわかってるんですけどね。

レッスンでも結果が出たアドリブを弾く方法

丁度一年くらい前からまたジャズの練習をし始めました。

それが今回はとてもスムーズに色んなことが上手く進んで今ではジャズギターのデュオを始めるくらい弾けるようになってます。

なぜ今回は上手く行ったのだろうと考えてみたのですが、歌うということが大事なんじゃないかという結論に達しました。

もちろん教則本やネットを含めた教材の充実やこのブログでもよく紹介しているジャズ伴奏アプリ、

iReal Pro - 楽譜とプレイアロング

1,600円
(2016.05.06時点)
posted with ポチレバ

があったのも大きいと思いますが。

それまではせいぜいスリーコードのブルースをペンタを使って弾くのが精一杯でした。

しかも、ちょっと調子が悪かったりするといいフレーズが弾けなかったり。

そんな調子なので転調しない枯葉なんかのジャズのスタンダードもダメでした。

おそらくそれはコードに対するメロディーのラインが指先だけ指板上だけで完結していたからだと思います。

ここで歌うことをオススメするのはメロディーが身体を通して理解できるようになるからです。

単純にアドリブの練習中に弾く音を声に出して練習するのも効果があるのですが、ここは思いっきって自分の好きな曲を弾き語りするのがよいでしょう。

もちろんそれはジャズに関係ない曲でオッケーです。

そうすることで色んなバリエーションのコード進行の流れも身体に入りやすくなります。

僕のそういった経験からコード感とメロディーの関係が指先だけでなく身体をもって理解でき、少しのジャズ理論を学べばアドリブは弾けるという確信を持ちました。

ギターレッスンの方でも積極的にジャズのアドリブ論を取り入れてますが、作ったメソッドを順番にやってもらうことで皆さん弾けるようになっています。

さいごに

ジャズでなくてもアドリブを弾きたいと思ったらまず歌うという練習をメニューに加えてみてください。

そしてこのブログでもよく書いてる「ジャズですらすらアドリブソロを弾くためのコードトーン練習方法」「コードトーンを追う練習は何の意味があるのか?」などのコードトーン練習をバカにせずにやってみてください。

一番いいのは僕のレッスンに来てもらうことですが、この「歌う」ということと「コードトーン」の練習でアドリブは必ず弾けるようになります。

あとは少しの理論を学べばジャズのアドリブもスラスラ弾けるようになります。

スポンサーリンク

 - 音楽のこと