最近、高知発でおすすめのユニット「小松森田」

      2016/05/10

NewImage

音楽をする上で大事なことって2つあると思うんです。

一つは個性を強みすること。もう一つはニッチで誰もやってないことをやること。

その2つを兼ね備えたユニットが「小松森田」だと思うんです。

一回見たらクセになりますよ。


スポンサーリンク

まずは小松森田の紹介MVを見てください

どうです?シンプルに面白そうでしょう?

では、公式サイトから「小松森田」の紹介を。

小松森田

komatsumorita

高知県で活躍する、ギターデュオ。

小松洸陽

中2でギターを手にし、ギター歴10年。 弾き語りでオーストラリアを周り、様々なジャンルのアーティスト達と数々の セッション経験を積んだ後、この夏帰国。(HP:hikarukomatsu.com)

森田行陽

奄美大島出身。小2でギターの魅力に取り憑かれ、TEENS’ MUSIC FESTIVALで 最年少ギタリストとしてGOGO GUITARに掲載される。ギター歴15年。 今ではブルース、ポップス、ロックなど、多岐にわたるジャンルでギタリストとして活躍中。
About | komatsumorita

歌詞で遊ぶ小松森田

そこそこギター弾いて作曲が出来るようになると言葉さえあればすぐ曲って出来るようになるんですよ。

で、たまにミュージシャン同士の打ち上げなんかで即興で曲作って遊ぶっていうのがあるんです。

僕は「小松森田」を見てそういう遊びの延長にあるユニットだなと思います。

呼ばれた会場やイベントの趣旨でどんどん歌詞を変えていくみたいな。

そんな風に言うと色物のユニットだなと思われる方も居そうですがそれが違うんです。

しっかり音楽的なテクニックや理論を知った上で遊んでいるのです。

小松はめちゃめちゃ歌唱力があるタイプではないけど個性的、そしてコード進行を始めとする作曲能力の高さが際立ちます。

森田もツボを押さえたギタープレイで若いのにすごくいい演奏をします。

これが相まっておふざけが高次元で皆さんを笑いに誘うのだと思います。

最近始まった小松森田がゆく!〜高知県全市町村の旅〜に期待

最初に見てもらった紹介MVも含めてきわめて高度な映像編集がなされています。

この映像を編集しているのが児玉夏子さんという方なのですがこの人もすごい。

もともと彼女は小松がオーストラリアで修行しているときのYouTubeの編集をすべて手がけています。

日本とオーストラリアの音楽文化の違いがよく分かる動画もありおすすめです。

こちらも是非ご覧下さい。

一方「小松森田」の方は小松森田がゆく!〜高知県全市町村の旅〜というYouTubeでのシリーズ動画をはじめていますがこれがまた面白い。

なかなか大変やと思うけど是非とも続けてもらいたいです。

さいごに

高知で音楽でなんとかしようと思っている人はそこそこ多いと思います。

もしそれで世に認められようと思うならば「小松森田」の活動方法はかなり参考になるのではないでしょうか。

彼らからは本当に音楽で人を楽しませようという気持ちが伝わってきます。

YouTubeの使い方を始め、エンターテイメントとは何かを考えてやっていく姿勢は本当に素晴らしいです。

是非とも「小松森田」のライブに足を運んでみることをおすすめします。

そこできっとなにか得られるものがあるでしょう。

スポンサーリンク

 - 音楽のこと