音楽経験ゼロから最終的にバンド作ってイベントを成功させた話

      2016/04/20

Streets 1284394 640


スポンサーリンク

「音楽って素晴らしいね」っとこと

結構、このブログでも言ってるけど音楽ってやっぱり素晴らしい。

今回のライブはSwimmy*(スイミー)という女の子二人のアコースティックユニットの活動休止とレコ発でした。

一人はそれまで音楽はしてなかったけど、自分が働く飲食店でライブイベントをやったのをきっかけに音楽の世界に足を踏み込んだ。

最初は演奏側には回らずに頭が固くなっているミュージシャンでは思いつかないような面白いイベントを次々と企画して行き、その界隈ではかなりの信頼を得ていった。

いや、信頼って大事ですよね。

その子がイベントしたらなんだかんだでお客さんが集まるから、出演するミュージシャンもなんだかんだ言いながら無理を聞いてしまう。

僕もたくさん無理を聞いてきたけど、別のところではしっかりと助けてもらったり。

たぶん、他のミュージシャンも同じような感じじゃないのかな?

そしていつの間にかしっかりした相方を見つけてミュージシャン側に。

相方の子は大学院生で今年の3月で卒業。就職のために県外に行くけどSwimmy*としての活動は解散じゃなくて休止。

その子は音楽の素質がすごくあり、いい歌をうたう。たぶん、あの声のファンの人は結構いたと思う。僕も好きやし。

で、今回のライブに向けてCDも作ったと。

僕もちょこっと参加させてもらったけどすごくいい出来です。

Amazonで売ってたらここにリンク貼りたいけどな。

ライブは大成功!!

他の出演者はSwimmy*が音楽をやるきっかけになったミュージシャンが出ました。

ありがたいことに僕がやっていたSwan'feeも声をかけて頂きました。

現在、Swan'feeは休止中なのですが、そりゃあこちらもお世話になったので出演させてもらいましたよ。

Swimmy*のライブは前半は二人で、後半はバンド形式での演奏。

僕はバンドの方でも参加させてもらいました。

結果は最初の写真が物語っていると思います。

たくさん考えてたくさん動けば結果はついてくる

すごいなと思うんですよね。

最初の紹介した飲食店で働いている子は音楽経験全くなかったんですよ。

それが最終的には自分のバンド作ってたくさんお客さん呼んでイベント大成功させるなんて。

みんながみんな音楽のプロを目指してる訳ではないです。

もちろん、彼女もプロになろうとはしていません。技術も全然まだまだです。

でも、これくらいのことなら出来ちゃうんですよね。

結局、「やる」か「やらない」かだけの違いのような気がしてしまいます。

「やる」と決めたら大変なこと、辛いこと、たくさんあると思います。でも、達成感や喜びはそれを超えるのではないでしょうか。

音楽だけの話ではなく、なんとなく近頃の世の中「やらない」を選択する人が多くなった気がします。

一度だけの人生、楽しまないと損ですよ。

考えるだけじゃなくて、実際に動いてみましょう。

きっと何か変わりますよ。

スポンサーリンク

 - 音楽のこと