ギターのピッキングを指弾きに変えると右手の不器用さがわかる

      2016/10/08

JY059P56O1

試しに弾いてみよう!!


スポンサーリンク

僕はピックがないとギターが弾けませんでした

中学生からギターをはじめて、ずっとギターはピックが無いと弾くことの出来ないものという固定観念が出来上がっていました。

だから、ちょっと外でギターがあって弾く時、ピックが無くて困った経験がたくさんあります。

なので常にどのポケットにもピックを忍ばせる作戦を使ってました。

意外とエレキギターをメインに弾かれてる方はピックが必須だと思っている場合が多い傾向にある気がします。

ピックって無くても弾けるんだって思ったのはアコギをじっくり弾き始めてからでした。

ピック弾きと指弾きの物理的な違い

ピックと指弾きの大きな違いは何かというとまずサウンドが違います。

硬いものが弦に当たるのと柔らかいものが当たる違い。

それと和音の発音が変わってきます。

ピックの場合はどんなに早く振り下ろしても弦を同時に鳴らすことは出来ません。

どうしても6弦から1弦までで発音のラグができてしまいます。

ところが指弾きの場合は一般的に親指、人差し指、中指、薬指を使いますがこの4つの指が担当している弦を同時に鳴らすことができます。

この辺りもサウンドに違いを与えますよね。

それに通ずることかもしれませんが例えば5弦と2弦を同時に弾くということが指弾きだと出来ます。

もちろんピックでもうまくミュートするれば出来ると思いますがニュアンスは大きく異なってしまいます。

と考えると指弾きだとかなり色んなパターンのリズムを出すことが出来ます。

楽器的に言うとピアノ的になりますよね。

ここで僕は色んなパターンを勉強しました。

アコギで指弾きの参考にさせてもらった「羊毛とおはな」

よく参考にさせて頂いたのが「羊毛とおはな」です。

一度生でライブを見ましたが本当にCDと同じクオリティーですごく感動した覚えがあります。

おはなさんは僕と同い年なのですが残念ながら去年、若くしてガンでお亡くなりになりました。

またライブをみたいと思っていたのに本当に残念でなりません。

羊毛こと市川さんのギターは本当にギター一本で色んな世界を表現されています。

よくコピーさせて頂きました。

AppleMusicのリンク貼っておきます。本当に素晴らしいです。
https://itun.es/jp/6ag2p

今でもギター一本の伴奏を任される時はネタをちょこちょこ使わせて頂いてます。

指弾きで弾くとピックの使い方も上手くなる

僕はギター講師をさせて頂いていますが、レッスンの時はほとんど指で弾いています。

それがゴリゴリのハードロックだとしても。チャカチャカするカッティングだとしても。

理由はよくピックをどこに置いたか忘れるという恥ずかしい理由なんですが、そういう弾き方をしてる内に右手が器用になってきてることに気付きました。

ギターを始めた最初はほとんどの人が利き手でない左手の練習を頑張るのですが実はギターを弾くに当たって左手の器用さはそれほど求められません。

右手は利き手ということで安心している方が多いですが実は意外に不器用です。

その割にギターという楽器は右手の器用さをかなり求められます。

今弾いているフレーズがどうしてもうまく弾けないという方は、息抜きもかねて指弾きで簡単なアルペジオなんか弾いてみてください。

■ソロギター系の方は→ソロギター初心者は禁じられた遊びから練習しよう
■弾き語り系の方は→指弾きのアルペジオで「糸」を弾き語りしてみよう!!

なんなら今弾いてるそのフレーズも指で弾いたりすると、ふとした時にピック弾きもうまくなっていることに気付くはずです。

YouTubeなんかでも指弾きのすすめ動画を出しているのでですがあまり再生数は上がりません。

結構ギター弾きの核心の部分だと思うのですが。。。残念です。

スポンサーリンク

 - 音楽のこと