Twitterでフォロワーを増やすための3つの方法

      2016/04/20

S9LQ7EMO2T

僕はこれを意識しています。


スポンサーリンク

Twitterのフォロワーは多ければいい訳ではない

なにかを宣伝したり、告知したりするときフォロワーが多ければ多いほどたくさんの人に届くと思っている人がいます。

実はこれ大きな間違いです。

フォロワーを増やそうとする前にこの誤解を解かないと効果的にTwitterを活用できません。

何かを届けようとしたときに重要になるのはフォロワーの「数」ではなく「質」です。

ここを勘違いされる人が多いのですが。

時々見るのが「RTしたらフォローします」的なハッシュタグです。

そのツイートをRTしてフォローされても、フォローした人はあなたに興味がある訳ではないのです。

そんな人ばかりでフォロワーを増やしてもあなたのツイートは誰にも届かないでしょう。

ここでいう質というのはあなたのことに興味があるフォロワーのことを意味します。

では、そういったフォロワーはどうやって増やして行けば良いのでしょう。方法を3つにまとめてみました。

1.他のメディアからフォローしてもらう

インターネットには色んなメディアがありますが、そこで気に入ってもらいTwitterをフォローしてもらう形です。

よくあるパターンはブログに自分のTwitterアカウントを書いたり、ボタンを設置してフォローしてもらいます。

もちろん、このやり方ではブログの方でファンになってもらわないといけないです。

なので、優良な記事をたくさん書きましょう。

ちなみに僕はYouTubeからのTwitterフォローが多いです。

2.面白いツイートを毎日する

フォロワーはその人のツイート見たくてフォローしているので当たり前のことですが重要です。

ここでは自分に何を求められているのをしっかり理解しておく必要があります。

例えば、僕はYouTubeでギターレッスンをしているのでそういったツイートを期待されているでしょう。

そこで、例えばラーメンの食べ歩きツイートばかりしていたらフォロワーも離れてしまいます。

つぶやきなので時には脱線してもいいでしょうが基本の路線はブレない方が良いです。

3.意味のあるリツイートをする

これが一番出来ていない人が多いです。

リツイートをすると他の人の協力をしただけで自分の得にならないと考える人が多いですがまったく逆です。

極端な話ですが僕がギターのことを知りたいとして、あなたがギター関係の最新情報をすべてリツイートしてくれれば、あなただけをフォローしていればそれで十分になる訳です。

その時、あなたは有益な情報を運んでくれる人としてフォローしたくなるでしょう。

ここで注意しなければならないのが、リツイートばかりになって自分の意見は言わなくなってしまうことです。

おそらく自分の発言が7、リツイートが3くらいの割合が最初のうちは良いかと思います。

さいごに

この3つを守っていれば、右肩上がりでフォロワーは増えていきます。(僕は増えました)

ネット上には色んなメディアがありますがTwitterは日本でまだ人気は衰えてなさそうです。

ここでしっかりフォロワーの心掴んでいれば、もし他のメディアやSNSに移るときにも影響力はそのまま引っ越しできるでしょう。

スポンサーリンク

 - 考えること