謎の高熱が出て分かった一人暮らし向けの風邪対策

      2016/04/20

NewImage

ちらっとツイッターなんかでつぶやいたりしましたが年末の超忙しいときに謎の高熱を出してしまいました。


スポンサーリンク

それは突然やってきた!!

ちょっと風邪っぽいなと思いながらお昼のレッスンを終えました。

晩のレッスンまでに2時間くらいあったのでちょっと寝よと思ったら結構、酷くなってきたので「これは無理!」と思い、晩のレッスンはキャンセル。

後で思ったのですがちょっと調子悪いなと思ったらすぐに体温を測ることって癖づけておかないといけないですね。

後祭りでその日は病院に行けず、うなぎのぼりで40度近くまで体温が上がりました。

そこでロキソニンに解熱効果があることを知り、試しに飲んでみると2時間くらいで汗がドバっと出て37度くらいに下がりましたが。。。

どこの病院よりどの先生

次の日、また40度近くまで上がったのでレッスンを全部キャンセルにしてH病院に行きました。

そこで当たった先生はあくまでも自然治癒力で直しましょう的な思想の方でロキソニンと気持ちばかりの漢方薬しか出してもらえませんでした。

受診した時点で40度近い熱があったのですが。。。

ロキソニンには飲んでるんですが。。。

やっぱり熱は下がったり上がったりだったので次の日はM病院に行きました。

そこで当たった先生は、最初の先生とは真逆でとにかく色んな薬をたくさん処方する方でした。処方された薬の何かが良かったのか少しは楽になったような気が。

でも、やっぱり次の日も熱は下がらなかったので再び初日に行ったH病院へ。

そこで初日とは違う先生に当たったのですがその先生がすごく良くて、まず血液検査をしてくれました。

結果は白血球数と炎症反応(CRP)が高くなってると。で、炎症反応(CRP)がひどくて12ほどありました。(後で調べると10以上で入院レベルらしいです)

そこで、その先生は今日も含めて3日間抗生剤を点滴しませんかと提案。僕は楽になるなら藁にもすがる思いだったので3日間点滴しました。

えらいもんで初日の点滴で「治ったんじゃね!!」ってくらい楽になりました。

で、なんとか完治したという流れです。

治ってみて、「これ一人暮らしだったらえらいことになってたかも!!」と思ったので自分の経験も踏まえて男の一人暮らしでは準備されにくい風邪対策アイテムを上げて行きます。

一人暮らし向けの風邪対策アイテム

・体温計

本文中にも書きましたが早期の体温チェックが大事です。なんか調子悪いなだと見逃しちゃいます。最近は早く測れるモノが出ています。

・予備の部屋着3着ほど

体温が上がって下がるときは大体、汗をドバっと書きます。これが冬場だと冷えて結構地獄です。意外に部屋着の予備ってないので3着ほど構えておくといいです。

・経口補水液

熱で水分が奪われるので経口補水液も常備しておきましょう。僕はOS-1を置いてもます。

とりあえずこの3つがあれば一人暮らしでもなんとか乗りきれると思います。

まだ、寒い日が続きますので油断しないようにしましょう!!

スポンサーリンク

 - 考えること