【G3n】ZOOMのマルチエフェクター色々使った結果、これに落ち着いた【最高】

   

IMG 0288

ということで最近のZOOM製品に魅了されぱなしのマサヤングです。

本当に高校生くらいの時のZOOM製品はひどかったんですよ。

それが今や技術の進歩ですごい製品に仕上がってます。

ここ最近僕はZOOM製品ばかり使っている訳ですがここに落ち着きましたというのを書いていきたいと思います。


スポンサーリンク

G3X

IMG 0289

これは名盤だと思います。

ストンプボックスを並べて配置させるというコンセプトはとても使い勝手がよかったです。

このマルチエフェクターではリズムやルーパーなんかも便利に使わせてもらいました。

ただ、ボリュームペダルの使用頻度がそれほど高くなかったのが懸念される部分ですね。

MS-50G

次はこちらです。

IMG 0290

これは先程紹介したG3Xコンパクトにした感じですね。

とりあえずスタジオ練習やライブの荷物を少なくしたい僕にはピッタリの商品でした。

写真を見てもらえればわかりますが若干改造をしています。

これは足だけの操作でエフェクトを変えられるようにしているのです。

ただ、それでもやっぱり誤動作があるのが残念です。

あるエフェクトをオンにしたついでに横のエフェクトに移動しているなんと事がザラにあります。

エフェクトの切り替えが少ない編成なんかではバリバリ使えるのですが、そうでない場合は結構辛いです。

でも、エフェクトの編集処理の部分なんかではすごく優秀です。

G3n

IMG 0291

で、行き着いた先がこのG3nです。

もちろんボリュームペダル付きのものもあるのですが、僕が持っている一番小さいエフェクターケースに入るのがこのサイズなのです。

IMG 0293

僕は基本的にthe・ギターアンプというものはあまり使うことが少ないです。

AERなんかのアコースティックアンプに繋いでアンプのモデリングを使って鳴らすことが多いです。(てかその方が少ない機材でいい音が出せる気がする)

ZOOMのマルチエフェクター製品でこのG3nからちょっとそのアンプのモデリングがアップデートされてる感があります。

僕の印象ではかなりよくなっています。(ファームウェアのアップデートはしてから使ってくださいね!!)

なので、サイズ的にも音質的もこのG3nがバンドでエレキギターを弾くには今の所、ベストなチョイスになっています。

リズムやルーパー関係も充実してて一人パフォーマンスも捗りそうです!!

さいごに

とりあえず今はこのG3nに落ち着いていますが、この分野はどんどん進歩していくのでチェックは欠かせないですよね。

僕みたいな環境でエレキギターを弾きたい人はこのG3nはとにかくおすすめです。

スポンサーリンク

 - 機材