【本格的な】カッティングの基礎練習【フレーズの前に】

      2018/10/25

KU1TPOC7WX

ある程度曲の中からギターの音を見つけられるようになるとカッティングって言うテクニックが、俄然カッコよく感じる時が来ると思います。

その時がまさにカッティングを練習する最適なタイミングなので基礎的な練習を覚えていきましょう。

今回はカッティングのアクセント移動の基礎練習になります。


スポンサーリンク

16分音符って1拍で4つあるよね〜!

まず基礎的な音符のお勉強ですが4分音符の半分が8分音符になります。

それはオッケーですか?

その8分音符のさらに半分が16分音符になります。

普通にワンツスリーとリズムを取るときは4分音符で取ると思うのですがその4分音符の四分の一の長さが16分音符になります。

なので4分音符の間でピッキングが二往復する感じですね。

では実際にアクセント移動してみましょう。

カッティングアクセント移動

こんな感じになります。

では1つずつ解説していきます。

まず①のリズムですが16分音符の一個目にアクセントを持っていきます。

この時のアクセントは弦を押さえて音を出すと思ってもらってオッケーです。

とりあえず今回はE7のコードでやってみましょう。

押さえ方は、
1弦×
2弦5フレット
3弦7フレット
4弦6フレット
5弦7フレット
6弦×

です。

16分音符の最初だけ弾くイメージで①だけ繰り返し弾いてみましょう!!

それができたら③に行きましょう。

①と同じくダウンピッキングのところにアクセントがきます。

次に②のパターンを弾いてみましょう。

これはアップピッキングのところにアクセントがくるので少し難しいかもしれません。

最後に④のパターンです。

これもアップピッキングのところにアクセントがきます。

ゆっくりなテンポで丁寧に弾いていきましょう。

気をつけたいポイント

割と②や④の裏にアクセントがくるパターンは気をつけて弾くので大丈夫だったりしますが、①とか③とかのパターンが乱れやすいです。

例えば①のパターンならばジャツツツとならないと駄目なところをジャジャツツと二個目の16分音符音符までアクセントをつけてしまいがちです。

しっかり短くアクセントを切って1つ目の部分だけにアクセントが来るように練習してみてください。

実際の練習の仕方はYouTubeに動画を上げているのでそちらも参考にしてみてください。

さいごに

とりあえずこの16分音符のアクセント移動が自由にできるようになればいろんなカッティングのパターンが弾けるようになるかと思います。

動画でもやっているように①②③④と自由にメトロノームに合わせながらアクセント移動ができるようになれば複雑なカッティングのパターンでも弾けるようになると思います。

まずはここから練習してみてください。

これができたらザ・カッティングコードの9thを押さえて弾いてみましょう。

スポンサーリンク

 - 音楽のこと