演奏のうまさと教えるうまさはイコールではない

   

School class seifuku aseru

ギターを始めようとか、今より上手くなりたいと思った時、レッスンに行こうっていう人は割と多い印象です。

やろうと思えば教則本とか買ったり、最近ならYoutubeでたくさんのギターレッスン動画上がってるので、それ見て独学で学ぶという道もあるんですけどね。

やっぱり独学は客観的な視点で問題点を見つけてもらえないという点で、行き詰まったり挫折したりしやすいと思います。

そこで大事なのがギターの先生選びなんですが、すごい演奏をする人に習いたいと思う人が結構多いです。

これって半分間違えてて、半分合ってるような感じなのでその辺を今日は書いていきます。


スポンサーリンク

「すごい演奏」をする人に何を習いたいですか?

例えば、あなたが「すごい演奏」するなと思う人のレッスンを受けられたとしましょう。

そこで何を習いたいと思いますか?

おそらく多くの場合がその「すごい演奏」の弾き方を知りたいし、それを弾いてみたいと思ってレッスンを受けに行くと思います。

しかし、それを教えてもらっても「すごい演奏」なのですぐには弾けず、何ヶ月も同じことを練習するハメになるでしょう。

実はこれってすごく遠回りなんですよね。

すごい演奏に至るまでの過程を練習する

理想的なのはいきなりその「すごい演奏」を練習するじゃなくて、今の自分にあったレベルの課題を出してもらった方が良いのです。

レベルがあってるので割とすぐに弾けるようになるので、達成感もありモチベーションも上がりやすいです。

そうやって徐々にステップアップして行けるような課題をこなしながら「すごい演奏」を目指した方が確実に早く到達できます。

「すごい演奏」をする人に多い傾向

ところが比較的多いのですが「すごい演奏」をする人は感覚的に弾けてしまっている場合が多いです。

下手したらなぜ自分がこの「すごい演奏」が出来ているかよくわかってないか、説明してもらっても抽象的なアドバイスしかもらえないケースが多々あります。

なので、そのゴールまでの小さな課題なんて作ることが出来ないんですよね。

要するに演奏はすごいんだけど、人に教える能力はあまりない感じです。

「すごい演奏」は盗め!!

僕にも師匠がいるのですがまさにこのタイプで教えるのは得意ではないですよ。

なので、基本的には実際のプレイから盗んで行くしか方法はないんですよね。

前にも書きましたがそういった「すごい演奏」を身に着けたいと思ったらとにかく息を吐くように耳コピするしかありません。

ただ、一つ条件があるんですがあなたにその演奏を盗めるスキルがないと難しいです。

習うなら教えるのが上手い人に

ここまで読まれてきた人はなんなくわかってきたかと思いますが、演奏が上手いのと教えるのが上手いのはまったくの別スキルです。

憧れの演奏する人に習いたい気持ちもわかりますが、レッスンを受けるならば圧倒的に教えるスキルが高い人に習った方が良いです。

そこでギターに関して色々と分かりやすく教えてもらえれば、その「すごい演奏」も理解でき、弾けるようになることも十分にありえると思います。

そして大事な盗むスキルも身に付きます。

さいごに

今回はこのつぶやきの反響が大きかったので記事にしてみました。

とりあえずレッスンを受けてみたくてこの講師大丈夫かなと思ったらTwitterとかインスタとかYoutubeとか調べて話がわかりやすそうなら良いと思います。

相性も大事ですから、体験レッスンとか受けてみるのもいいでしょうね!!

スポンサーリンク

 - 初心者向け