【ブルースフレーズ集】たった6つのフレーズでブルースを弾こう!【世界一少ない】

      2017/09/17

TCAOALR2LD

そこそこギターが弾けるようになってくるとアドリブにチャレンジしたくなってきます。

ギターという楽器と抜群に相性が良いのがブルースというジャンルです。

今回はたった6つのフレーズを覚えて、カッコいいアドリブソロが弾けるように書いていきたいと思います。


スポンサーリンク

スケールを覚えるだけではアドリブは弾けない

今回、紹介するフレーズはマイナーペンタトニックというスケールを使っています。

ポジションとしてはこんな感じ。

IMG 2294

ドから始まっているのでCマイナーペンタトニックとなります。

このポジションの上下をひたすら練習してもアドリブというのは弾けるようにはなりません。

スケールというは言葉で言うところの「あいうえお〜」の50音だと思ってください。

それだけ覚えても会話にならないですよね?

日常生活でも「こんにちは!」「元気ですか?」「いただきまーす!」など色んなフレーズを覚えてその場その場で合うものを使っていると思います。

アドリブもこれと同じです。

このスケールからフレーズを作り、さらには文章を作って行かなければならないのです。

ペンタトニックスケールは色んな音楽で使われるので今回はそこからブルースというジャンルで使われるものを覚えないとカッコいいソロが弾けません。

この6つのフレーズを覚えよう!!

今回のフレーズ集には特にリズムの記載がありません。

そこは自由に弾いていみてください。

そしてCブルースのフレーズとして紹介していきます。

では、まず1つ目。
IMG 2295

高いドの音から順番に下降していくフレーズです。

ポイントとしては3弦11フレットの♭5という音も経過しているところです。

この音はブルージーさの鍵となる音です。

あとマイナーペンタ+♭5をブルース・スケールと読んだりするのですが、これは下降で弾いてやるとカッコよくなりやすいスケールです。

では、2つ目。

IMG 2296

ブルースでは超基本と言うべきフレーズです。

ここでも10フレットから12フレットのスライドで、♭5の音を通過しているのがポイントです。

12フレットにスライドしたとき、2弦11フレットは一回だけでなく何回か弾いても良いかと思います。

それでは、3つ目。

IMG 2297

これも伝統的なフレーズです。

少し読みにくいので解説していきますね。

まず最初の10、8、8のフレーズを弾きます。10は1音チョーキングを意味しています。

それだけでもフレーズになるのですが、バリエーションとしてそれを受け止める形でA、B、Cの3パターンを用意しました。

Cだけが1/4音チョーキングなので注意してください。

では、4つ目と5つ目。
IMG 2298

IMG 2300

これらは3つ目のフレーズと同じく1弦2弦の8フレットを軸とし薬指側のフレットをチョーキングで絡めるパターンです。

連続で弾いたりしても面白いと思います。

では、最後。
IMG 2301

高音弦ばかりのフレーズが続いたので5弦4弦あたりのフレーズです。

譜面には書いていませんが3弦8フレットをクオーターチョーキングしてやるとブルージーさがグッとでます。

ということで文字ベースで紹介してきましたが実際これらのフレーズを使って弾くとこんな感じになります。

YouTubeでも詳細を解説していますので興味のある人は是非ともご覧下さい。


https://youtu.be/HsRWAfXWlug

YouTubeのチャンネル登録もお願いします!

さいごに

ブルースのオケの中で自由に今回紹介したフレーズが出せるようになってきたら今度は自分でフレーズを作ってみましょう。

最初はフレーズとフレーズをつなげるような接続詞のようなものから初めてみてください。

それが出来るようになるためにも様々なブルースの名演を聴こう。AmazonのPrime Musicだと曲数も多くコスパ高いですよ。

スムーズにフレーズが出てくるようになったらコードを意識するとさらにカッコいいフレーズが弾けます。

【脱ペンタ】より洗練されたブルースアドリブを弾く方法【コードトーン】

ぜひともこの記事も合わせて読んでみてください。

スポンサーリンク

 - 音楽のこと