大事なデータはパソコンの中に保存しておくのはマズいかもしれない

   

N3XUPR5EGE

って、最近思うようになりました。

「いやー、僕は外付けのハードディスクに保存してるから大丈夫だよー!」って人もいるでしょう。

確かにパソコンに保存しているよりはいいですがそのハードディスクもいつかは寿命を迎えます。

そこで今、僕が取っているバックアップ方法を紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

なんといってもクラウドの時代

基本的に僕は大事なファイルをDropboxに全部放り込んでいます。

Dropboxってなんですか?っていう人もいるかと思いますのでまずその説明から。

Dropboxとはいわゆるクラウドストレージサービスの代名詞的なものです。

保存されるデータは雲の上かのようなDropboxのサーバー上に保存されます。

「じゃあ、使う時はいちいちそこからダウンロードするの?」って思われそうですが、パソコン内にもDropboxフォルダを作りサーバーと常に同期しています。

なので、そのフォルダに新しいファイルを放り込むとサーバーの方にも保存されます。

「これの何が便利なの?」と思われる人もいるでしょう。

例えば、メインで使っているパソコンがある日起動しなくなったとしましょう。

めっちゃ焦りませんか?あの大事なデータは復旧できるのか心配になりませんか?

Dropboxだったらリアルタイムにサーバーへ保存しているので、例えばそこから新しいパソコンに買い替えたとしてもまたDropboxフォルダを作れば、自動的に壊れたパソコンに保存していたDropboxファイルが同期し元に戻るという訳です。

なんとなく便利さは伝わったでしょうか?

スマホでもPCのファイルが見れる

Dropboxはスマホのアプリにもなっています。

なので外出先からなどでも簡単にPCのファイルを確認できたり、そのファイルをまた別のスマホアプリで開いたりすることもできます。

僕の場合だとレッスンで使うMP3ファイルをパソコンで作っておいてそれをDropboxに保存。iPadのDropboxで開き、再生プレイヤーで開くという方法を使っています。

デバイス間の受け渡しにも使える訳ですね。

スマホの場合だと保存しているファイルのリストが出てくるようなイメージで、使うときだけダウンロードする形になります。

デメリットは?

とは言っても容量は有料プランを使わないとあまり多くありません。

なので動画ファイルや大量の写真なんかまた別で保存する必要があります。

僕の場合はYouTubeなんかの編集してない生の動画ファイルはしかたなく外付けのハードディスクに保存しています。(これは色々検討していますがいかんせん容量がすごいので悩み中です)

写真はこれまたクラウドストレージサービスのひとつGoogleフォト

https://photos.google.com/?hl=ja

というサービスを使っています。

僕はスマホで写真を取ることが多いのでスマホ用のアプリとGoogleアカウントがあればなんと容量無制限に保存できてしまいます。

ただ、オリジナルの写真より少しサイズが小さくなります。

今のところそれで不都合を感じたことはありませんが、印刷したりする人は注意したほうがいいかもしれませんね。

Googleフォトはパソコンからもアップロードできます。

さいごに

いかがだったでしょうか。

パソコンは消耗品です。いつ起動しなくなるのかわかりません。

そんな所に保存する時代はもう終わろうとしているのかもしれませんね。

今回、紹介したDropboxですがこちらから登録ができます。

https://db.tt/tkqKTP64

こちらから登録して頂くと僕からの招待ということで僕とあなたの容量がそれぞれ500MB、デフォルトで増えますので僕も嬉しいです。

いざという時のために大事なファイルはここに置いておいた方がいいのかもしれません。

スポンサーリンク

 - 考えること