ミュージシャンは自分の存在を発信することが誰かの楽しみになるかもしれない

   

YFAW5VIPD6

もはやインターネットは手に持って目の前、20センチのところで操作できる時代になりました。

誰でも簡単に情報を得たり、発信できたりするツールも多すぎるくらい整っています。

ところが周りのミュージシャンを見てみると発信することに億劫な人が多い気がします。

そんな人のために超おせっかいですが発信していきましょうよってことを書いて行きたいと思います。


スポンサーリンク

インターネットで需要のある音楽

僕はつたないながらもこうやってブログやYouTubeなんかでギターレッスンに関することを発信していますし、まあまあ人に見られています。

でも、こういう人には勝てないなってジャンルがあります。

それはいわゆる「○○を弾いてみた」とか「面白い工夫をした演奏動画」みたいなコンテンツです。

長い間こういうインターネット上でのレッスンという活動を続けてきました多くの人はどうも弾いている人を見たいんですよね。

YouTubeでもそういう動画の方が圧倒的に再生数を稼いでいます。

教えるとなると色々な経験や知識が必要になってきますが、すでにギターをやられている人ならばレパートリーの曲をUPするのはスマホがあれば簡単にできます。

下手でも成長過程をうまく見せれば人気が出そうだし、上手ければユニークなコンテンツを作ればヒットするんじゃないでしょうか?

地元で上手いミュージシャンで終わっちゃう!!

最初にも書きましたが僕の周りのミュージシャンはそういった情報発信に対して億劫な人が多いです。

僕なんかよりも全然才能もあるし、上手い人はゴロゴロいます。

これは正直、とてももったいないです。

ローカルな仲間内ではあいつはすごいみたいな情報は伝わってきますがそれだけだと、地元で上手いミュージシャンで終わっちゃうですよね。

そんな人こそ、演奏を面白い形でどんどん発信して行けば名は日本だけでなく下手すれば、海外に伝わる可能性はゼロではないのです。

最初はこれから始めるといいかも

僕がこういう事を言うと「じゃあYouTubeに動画あげてみるか!」って一瞬思ってくれる人がいるんですが、まぁ続かないです。

なので、まず最初はスマホで60秒〜120秒位の動画を取ってInstagramとかTwitter、FacebookなどにUPしていくのをオススメします。

上手下手関係なく面白いコンテンツならば、かならずフォロワーが増えていきます。

それが軌道に乗ってきたらクオリティーの高いものをYouTubeにUPしてもいいかもしれません。

さいごに

何がきっかけで人生変わるか本当にわかりません。

僕もYouTubeをあげていなかったらギターレッスンという仕事はうまく行ってなかったかもしれないのです。

とりあえずまずはTwitter辺りから初めてみませんか?

スポンサーリンク

 - 音楽のこと