クロマチックをレガートに弾く新しい基礎練習

   

Guitar 1699501 640

意外と軽く見られがちなクロマチック練習ですが皆さん弾いてますか?

確かにフレーズとしてもサウンド的にも退屈なのであまりやっていない人もいるんじゃないでしょうか?

基礎練習の代表として言われるだけあって結構大事な練習になんですが飽きちゃう人も多かと思います。

今回はそのクロマチック練習の少し難しいバージョンの紹介です。


スポンサーリンク

そもそもクロマチック練習とは

知らない人のために軽く解説しておくとクロマチック練習とは隣り合ったフレットを弾いていく練習フレーズになります。

例えば5フレットから始めたら、

6弦5F→6F→7F→8F→5弦5F→6F→7F→8F→4弦5F→〜

と弦を移動しながら弾いていきます。

この場合は5F人差し指、6F中指、7F薬指、8F小指を割り当てます。

そして1弦まで来たら今度は下がって行きます。

1弦8F→7F→6F→5F→2弦8F→7F→〜

という感じで。

で、この練習、親指の位置の感覚やら指を独立して動かす神経やら左手全体のフォームやら狙った弦にピック当てる能力やら色んな事が鍛えられます。

なので、レッスンなどでもまず最初の基礎練習して教えていますし、その効果も高いです。

ところが最初に書いたように単調な練習のため飽きてしまう方が多くいます。

レガートにクロマチックを弾いていく

人ってちょっと難しい課題のほうが熱中して出来るんですよね。

ということでちょい難しいクロマチック練習を紹介していきます。

こちらになります。

Crm
(上りのフレーズが1小節目で下りのフレーズが2小節目になります)

1つフレットを動く度にハンマリングとプリングをはさんで行きます。

実際のフレーズなんかでもご存じかと思いますが、隣り合ったフレットを連続してレガートに弾くのって難しいですよね。

これが弾けるようになれば実際のフレーズなんかでも幅が広がるんじゃないかと思います。

テンポも130くらいから指がもつれて来て練習になってる感があるので弾いてて楽しいですよ。

是非ともいつもの基礎練習に取り入れてみてください。

音が無いとよく分からないと言う人のためにYouTubeに動画もUPしていますのでそちらも参考にしてみてください。


https://youtu.be/pWdR49KRQko

さいごに

このフレーズも普通にクロマチック練習をしていて、もっと難しくするにはどうすればいいかと考えながら弾いている内に思いつきました。

他にも基礎練習フレーズを持っているけど飽きてきた人はどうやったら自分が楽しめるようになるかってことを考えながらやるのも大事ですね。

スポンサーリンク

 - 音楽のこと