アドリブソロがうまく弾けないのはリズムが悪いのが原因

      2017/01/06

Baby 1387700 640

アドリブの練習をしてるんだけどなんかフレーズがかっこよく弾けないと悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

実際に僕も悩んでた時期がありまして、色んな練習方法を試しました。

今回はそんなアドリブのスランプによく効く方法を書いて行きたいと思います。


スポンサーリンク

音程を気にしすぎていませんか?

アドリブというと難しそうなスケールを覚えてそれを弾き倒さなければならないと思っていませんか?

確かにそれも大事ですがそれに気を取られてリズムが悪くなっている人がとても多い。

しかも、練習はドラム、ベース、コード楽器付きのカラオケを使っているから少々リズムが乱れてもそんなに気にしてならないと。

ジム・ホールもジャズのソロを教える時、チューニングがめちゃめちゃのギターを渡して弾かせてたそうです。

これの真意は音程はさほど重要ではなくどういうリズムで弾くかが大事だということなんです。

メトロノームでアドリブ練習

では、「セッションでよく演る定番曲とその攻略方法」でも紹介したChameleonのコード進行で練習していきましょう。

コード進行はB♭m7→E♭7の繰り返しです。

スケールとしてはB♭ドリアンスケールが使えるんですがまずはB♭マイナーペンタプラスαで弾いていきましょう。

スケール表はこんな感じ。

Minp

まず、メトロノームを2拍4拍で鳴らします。テンポは100くらいでいいでしょう。(2拍4拍で鳴らすので設定は50)

それに合わせてコードを軽く鳴らして行きます。

実際にはメトロノームしか鳴ってないですが超グルーヴィーなドラマーとベーシストの音を脳内に作ってみてください。

頭の中でグルーヴし始めたらソロを弾いていきます。

いきなり音数を多くしてしまうとグルーヴが消えてしまう可能性があるので少ない音から弾いていきます。

できればE♭7のところでM3rdに当たる6thの音を出すようにしましょう。これでだいぶコード感が出てきたと思います。

こんな感じ。

最初はソロを弾き始めるとグルーヴが消えてしまうことが多いかと思いますが修行だと思って集中してチャレンジしてみてください。

だいぶ練習したなと思ったらドラム、ベース、コード楽器付きのカラオケに合わせて弾いてみましょう。

どうでしょうか?以前より良いフレーズだ弾けるようになったと感じませんか?

さいごに

これが楽々出来るようになったら、今度はメトロノーム無しで挑戦してみてください。

その状態でグルーヴが出せるようになったらどんなコード進行が来てもよいアドリブが弾けるようになるかと思います。

なかなかつらい練習かと思いますが是非ともチャレンジしてみてください。

スリーコードのブルースを題材にレッスン動画もあげているのでそちらもご覧下さい。


https://youtu.be/srthwNSQahg

スポンサーリンク

 - 音楽のこと