クラウドファンディングは夢があるけどお金はない人に最適じゃない?

      2016/04/20

WTER880LH2

今日、聞いたのですが飲食店でイケメンが来ると頻繁に水を入れに来てくれるみたいですよ。

知ってました?働いている人が言ってたんで間違いないと思います。

そういえば僕の所はあまり来てくれないのはそういう訳かと腑に落ちたところで今日の記事。


スポンサーリンク

クラウドファンディングって知ってますか?

僕はネットのニュースなんかをよく見てるので存在は知ってたんですがあんまり一般的じゃないみたいですね。

サクッと検索してみると、

クラウドファンディング(英語:Crowdfunding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。 ソーシャルファンディングとも呼ばれる。

ということでございます。

で、色んなクラウドファンディングサイトがあるんですが調べてみると「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」が有名みたいですね。

どんなプロジェクトがあるのかと見てみると結構、芸術系も多いですね。

CD作りたいやらレコ発ライブやるやら僕らミュージシャンと身近なものもたくさんありました。

若くてやる気はあるけどとにかくお金は無いみたいな人は使ってみたら良いんじゃないでしょうか?

どれを見ても結構、資金調達出来てますからね。

後はいかにクラウドファンディングやってることをシェアされて、色んな人に知ってもらいパトロンを見つけられるかでしょうね。

僕もなんか考えてみようかな。

夢の実現に少し近づく

今日、知る人ぞ知る飲食店で働く音楽のイベンター(女性)と今後の彼女の人生のことを話してて、「音楽の演奏が気楽に出来るカフェとか出来たらいいよね!」って話になりました。

飲食店とイベント主催のノウハウ全部活用できちゃいますからね。

もちろん、現実問題としてそんなにお金がある訳ではないから「まぁ無理だよね〜」となってたところでふとクラウドファンディングのことを思い出した訳です。

その子のまわりには実際にお店出してる人も何人かいるので、相談すれば必要な金額もわかるし、なんか一気に現実味を帯びてきました。

いや、面白いですよね、ネットのこういった仕組みって。一昔前ならお金を集めるのってめちゃくちゃ大変だったと思うんですよ。

その子も結構、ノリ気になってクラウドファンディングについて調べてみると言ってます。

高知であまりそういうので店を持ったって聞かないから上手く行ったら面白いことになりそうと僕もワクワクしています。

さいごに

おそらくこのブログを見られてる方もクラウドファンディングというシステムをあまり知らない人も多いかと思います。

僕が調べた中では特にこれをはじめるに当たってリスクというものがない気がするので、みんなに賛同してもらえるプロジェクトを思いついたらはじめてみると良いかもしれません。

先にあげましたがこの「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」のサイトの色んな事例なんかを見てみると色んな発見があると思います。

興味ある方は是非ともチェックしてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

 - 考えること