新型Apple Watchを1ヶ月使ってみてダイエットに最適なデバイスってことがわかった

   

T2P4MN3LQ2

Apple Watch series1を購入してほぼ一ヶ月が経過しました。

購入当初にも「【レビュー】Apple Watchをうまく使いこなす方法はこれじゃないか!」と記事を書きましたが実際はどうだったのか。

感想を書いていきたいと思います。


スポンサーリンク

やっぱり重要視したアクティビティリング

Watchos3 activity progress overview 1

ご存じの方も多いかと思いますがこれがアクティビティリングというものです。

赤がカロリー、緑がエクササイズ、青がスタンドを意味しています。

赤のカロリーは毎週ごとにAppleWatchが何キロカロリーをゴールににするか聞いてきます。

僕は400kcalでずっとやってきました。

緑は30分早歩き以上のエクササイズをするとゴールします。

青は座りっぱなしにならないように一時間ごとに立ちましょうとお知らせが来ます。

1ヶ月間アクティビティのリングをすべてゴールする

とにかく僕はこのアクティビティリングがAppleWatchの肝だと思い10月はすべてゴールすることを目指しました。

結果がこちらのスクショです。

IMG 1873

すべてゴールしています。

したことは毎日30分以上のランニングとウォーキングを交互にやりました。

すると見事にお腹の辺りについていた脂肪がだいぶ落ちるという嬉しい結果に。

そりゃそうですよね、運動をまったくしなかった時と比べれば最低でも400kcalカロリー×31日で12,400kcalも多く消費しています。

脂肪1キロは7000kcalみたいなので単純計算では脂肪1.7キロ減っています。

いやほんとにちりも積もればですよ。

AppleWatchでとにかく運動習慣が付く

昔、ランニングしてた時はAppleWatchみたいなデバイスは持っていなかったので、計れる指標は体重だけでした。

しかし体重は水分量など簡単に増減されるものに影響されやすく、純粋に運動の結果が出にくいので挫折しやすいです。

そこでAppleWatchのアクティビティリングみたいなものがあれば、コレクション魂で運動も続きやすいでしょう。

この1ヶ月間ランニング、ウォーキングを毎日することで、間違いなく足腰に筋肉がつき、体調もすこぶる良くなりました。

性格によっても違うでしょうでしょうが僕はジムに行くよりは、AppleWatchに背中を押してもらって運動する方が合ってたと思います。

さいごに

もちろん、iPhoneからの通知機能や通話も便利に使っていますが、自分の身体や健康面がよくなるっていう部分がとても気に入っています。

この一ヶ月の間、今日は休もうかなと思った日も何日かありましたが結局、すべてクリアすることができました。

いい習慣がついたので長期的にダイエットや健康な身体を手に入れて行きたいと思います。

スポンサーリンク

 - ヘルスケア